ジャパン ユース プーマ スーパー リーグ。 ジャパンユースプーマスーパーリーグ

ジャパンユースプーマスーパーリーグ

ジャパン ユース プーマ スーパー リーグ

参加チーム(トップリーグ36チーム・セカンドリーグ32チーム) 【優勝】 『TOP』東京ベルディユース(リーグ戦:6勝2分 優勝決定トーナメント:優勝) 『SECOND』川崎フロンターレU -18(リーグ戦:5勝1分・1位 優勝決定トーナメント:優勝) 平成24年 『第4回ジャパンユースサッカースーパーリーグ』開催。 【新規参入】藤枝東高校・清水エスパルスユース/参加13チーム(高校10チーム、ユース3チーム) 【優勝】磐田ユース(8勝1敗3分) 平成15年 『第6回中日本ユースサッカースーパーリーグ(U-17)』開催。 <了> 平成10年 北信越5校(丸岡・星稜・富山第一・東京学館新潟・松商学園)、東海4校(岐阜工業・大垣工業・中京大中京・四日市中央工業)、近畿1校(奈良育英)の10校による『中日本高校サッカースーパーリーグ』としてスタート。 いろんな形で、フェスティバルを集中開催させる流れができたのですが、それは高校サッカーの指導者たちが切磋琢磨させるために作ったものです。 プリンスリーグやプレミアリーグに出ていない選手を、発掘する場にもなると思いますね。 参加22チーム(高校17チーム、クラブ5チーム) 【優勝】 『U-17』磐田ユース(リーグ戦:7勝3分・2位 優勝決定トーナメント:優勝) 平成19年 『第5回U-17中日本ユースサッカースーパーリーグ』開催。

次の

【ジャパンユース プーマ スーパーリーグ 2015】スーパーリーグの歩み

ジャパン ユース プーマ スーパー リーグ

昔の先輩たちがそのようなものを作ってきて、それをさらに発展させるべく、一回こっきりで終わらせるものではないリーグ戦があってもいいのではないかと感じました。 参加チーム(トップリーグ43チーム、セカンドリーグ34チーム) 【優勝】 『TOP』東京ヴェルディユース(リーグ戦:8勝1負1分・1位 優勝決定トーナメント:優勝) 『SECOND』國學院久我山高校(リーグ戦:8勝0負0分・1位 優勝決定トーナメント:優勝). プリンスリーグやインターハイ予選などに備えていく面で、非常に良い強化ができるんです。 大野監督 ここで全国レベルの貴重な経験が積めますし、セカンドチームも参加できることが非常に大きい。 今振り返っても、やはり重要なリーグだと思います。 /参加10チーム(高校9チーム、ユース1チーム) 【優勝】富山第一(7勝1敗1分) 平成13年 『第4回中日本ユースサッカースーパーリーグ』開催。 【復帰】愛知FC U-18参加チーム(トップリーグ36チーム・セカンドリーグ31チーム) 【優勝】 『TOP』習志野高校(リーグ戦:6勝1敗・1位 優勝決定トーナメント:優勝) 『SECOND』流通経済大学付属柏高校(リーグ戦:6勝・1位 優勝決定トーナメント:優勝) 平成25年 『第5回ジャパンユースサッカースーパーリーグ』開催。

次の

ジャパンユースプーマスーパーリーグ

ジャパン ユース プーマ スーパー リーグ

正直、『リーグ戦がオフィシャルになったのだから、もういいじゃないか』という声はありました。 それがなぜできたかというと、関西のチームが関東に行くとか、関東のチームが関西に行くとかではなく、いろんなチームが同じ場所に集まって、チャンピオンは決めないけど、1週間から10日の間で試合をしようということでした。 それに追いつけ追いこせということで作ったのが、清水のフェスティバルで、そこはチャンピオンを決める形になりました。 北信越のチームにとっては、北信越という枠組みを出たリーグというのが、外せないというのが、星稜の河﨑護先生の考えでした。 参加24チーム(高校18チーム、クラブ6チーム) 【優勝】 『U-17』磐田ユース(リーグ戦:6勝1分・1位 優勝決定トーナメント:優勝) 平成21年 『第1回ジャパンユースサッカースーパーリーグ』(U-17)開催。 参加チーム(トップリーグ43チーム、セカンドリーグ34チーム) 【優勝】 『TOP』履正社高校(リーグ戦:7勝1負2分・1位 優勝決定トーナメント:優勝) 『SECOND』瀬戸内高校(リーグ戦:5勝3負0分・1位 優勝決定トーナメント:優勝) 平成27年 『第7回ジャパンユースサッカースーパーリーグ』開催。

次の

第8回 ジャパンユース プーマ スーパーリーグ : 浦和レッズ育成オフィシャルサイト

ジャパン ユース プーマ スーパー リーグ

実際に中日本スーパーリーグをやり始めてから、丸岡が躍進し、それに続くように富山第一も星稜も、全国で大きな結果を残していきました。 参加32チーム(高校25チーム、クラブ7チーム) 【優勝】 『U-17』滝川第二高校(リーグ戦:5勝2分・1位 優勝決定トーナメント:優勝) 平成22年 『第2回ジャパンユースサッカースーパーリーグ』開催。 それに伴い、どんどんJユースチームも入ってくる状況になり、レベルは向上しましたね。 大野監督 この会が生まれた大きなきっかけは、Jリーグクラブにユースチームができて、Jユースのみが参加する大会であるJユースカップの第1回開催の時、当時チェアマンだった川淵三郎氏が、「これからはJのユースの時代だ」ということを話していました。 平成17年 『第3回U-17中日本ユースサッカースーパーリーグ』開催。 【新規参入】ジュビロ磐田ユース/参加11チーム(高校9チーム、ユース2チーム) 【優勝】名古屋ユース(8勝2分) 平成14年 『第5回中日本ユースサッカースーパーリーグ』開催。 順位 氏名 チーム名 合計 第1節 第2節 第3節 第4節 第5節 第6節 第7節 1 藤井 奨也 立正大淞南 6 1 4 1 2 安田 正太郎 山梨学院 5 1 1 3 2 宮崎 純真 山梨学院 5 2 3 4 岸本 駿朔 市立船橋 4 2 1 1 4 岩元 ルナ ジュビロ磐田 4 2 1 1 6 伊藤 綾汰 尚志 3 1 1 1 6 郡司 篤也 市立船橋 3 2 1 6 畑 大雅 市立船橋 3 3 6 平澤 拓実 ジュビロ磐田 3 1 1 1 6 北山 青広 市立船橋 3 3 6 鈴木 唯人 市立船橋 3 1 2 12 加瀬 直輝 尚志 2 1 1 12 加納 寛和大 滝川第二 2 1 1 12 岩崎 将也 浜名 2 2 12 佐藤 陸 ジュビロ磐田 2 1 1 12 三木 直土 ジュビロ磐田 2 2 12 柴田 崚司 立正大淞南 2 1 1 12 松下 真悟 浜名 2 1 1 12 松尾 勇佑 市立船橋 2 1 1 12 西村 太一 愛知FC 2 1 1 12 中山 海人 市立船橋 2 2 12 二瓶 由嵩 尚志 2 2 12 不破 将生 立正大淞南 2 1 1 24 岡井 駿典 市立船橋 1 1 24 加野 瑛斗 山梨学院 1 1 24 賀澤 陽友 市立船橋 1 1 24 鴨川 龍生 浜名 1 1 24 吉田 泰授 尚志 1 1 24 久保田 真央 山梨学院 1 1 24 宮下 岬 ジュビロ磐田 1 1 24 宮島 清次 滝川第二 1 1 24 橋本 柊哉 市立船橋 1 1 24 古閑 虎太朗 滝川第二 1 1 24 後藤 颯汰 愛知FC 1 1 24 佐藤 圭祐 市立船橋 1 1 24 三好 翼 浜名 1 1 24 山内 隆矢 山梨学院 1 1 24 小山 愛生 滝川第二 1 1 24 小池 陸斗 尚志 1 1 24 沼田 皇海 尚志 1 1 24 城定 幹大 市立船橋 1 1 24 植松 建斗 市立船橋 1 1 24 水谷 昂太郎 愛知FC 1 1 24 西堂 久俊 市立船橋 1 1 24 青木 海渡 ジュビロ磐田 1 1 24 草場 勇斗 立正大淞南 1 1 24 速水 修平 ジュビロ磐田 1 1 24 村松 大輝 浜名 1 1 24 大関 克弥 市立船橋 1 1 24 大久保 龍一 愛知FC 1 1 24 大西 駿太 立正大淞南 1 1 24 大川 健 尚志 1 1 24 大津 朝陽 山梨学院 1 1 24 大畑 龍之介 浜名 1 1 24 竹内 瑞基 滝川第二 1 1 24 中島 祐希 滝川第二 1 1 24 長谷川 夢作 ジュビロ磐田 1 1 24 渡邉 怜音 山梨学院 1 1 24 内山 竣登 浜名 1 1 24 米野 智大 山梨学院 1 1 24 木村 健太郎 愛知FC 1 1 24 和田 悠世 山梨学院 1 1. 大野監督 はい、河﨑先生もそうですが、小阪(清吉)先生、二村(昭平)先生、長峰(俊幸)先生、渡辺(滋)先生など、北信越にとっては、北信越の中だけでやるのは、遅れているという思いがありました。

次の

第8回 ジャパンユース プーマ スーパーリーグ : 浦和レッズ育成オフィシャルサイト

ジャパン ユース プーマ スーパー リーグ

Jユースに負けない高校サッカーをどうやったら作ることができるかを、学校や地域という枠を超えて、一人ひとりが本気で考えなければならないというところから始まりました。 僕はそれをケーブルテレビで見ていたのですが、『このままでは高校サッカーは危機を迎える』と感じましたし、他の指導者もそう感じていたと思います。 そして、『高校サッカーを考える会』というものを立ち上げて、全国の指導者が議論を始めたんです。 【新規参入】作陽高校・浜松開誠館高校・習志野高校・川崎フロンターレ U-18 【退会】愛知FC/参加35チーム(高校28チーム、クラブ7チーム) 【優勝】 『U-17』桐光学園高校(リーグ戦:7勝1分・1位 優勝決定トーナメント:優勝) 『U-18』前橋育英高校(リーグ戦:6勝・1位 優勝決定トーナメント:優勝) 平成23年 『第3回ジャパンユースサッカースーパーリーグ』開催。 僕も途中で岐阜工から大垣北を経て、大垣工業に赴任して、こうして別のチームでこのリーグに参加していますが、プーマさんなどの協力を得て、さらに発展したリーグで戦えていることは、非常に大きいと思います。

次の

ジャパンユースプーマスーパーリーグ

ジャパン ユース プーマ スーパー リーグ

まずこの流れが起きたのは、ユース年代にリーグ戦というものがなくて、強化に必要なリーグ戦文化を定着させたいという思いがありました。 まず、この動きが始まったいきさつを教えてください。 【優勝】岐阜工業(6勝3分) 平成11年 『第2回中日本高校スーパーサッカーリーグ』開催。 大野監督 中日本スーパーリーグの成果はどんどん出てきました。 参加24チーム(高校18チーム、クラブ6チーム) 【優勝】 『U-17』磐田ユース(リーグ戦:5勝1敗・1位 優勝決定トーナメント:優勝) 平成20年 『第6回U-17中日本ユースサッカースーパーリーグ』開催。

次の

ジャパンユースプーマスーパーリーグ

ジャパン ユース プーマ スーパー リーグ

それはプリンスリーグが地域リーグだったからです。 それに2月、3月の時点で、トップチームが地域を越えて交流することは、非常に大きなこと。 これはチーム全体の底上げにつながるし、選手たちにとってもチャンスが大きく広がっていく。 大野監督 川淵さんと『高校サッカーを考える会』の話し合いの結果、プリンスリーグの誕生が決まりました。 しかし、それはあくまで他の地域の声であって、河﨑先生を始め、北信越の指導者の方々にとっては、『北信越は他地域より遅れている』という強烈な危機感があり、それが存続する大きなきっかけとなりました。 大野監督 最初に関西と関東の方でスーパーリーグが立ち上がり、1年後に遅ればせながらうちも参加してみようとなったのが始まりでした。

次の

ジャパンユースプーマスーパーリーグ

ジャパン ユース プーマ スーパー リーグ

参加10校(平成10年度同様) 【優勝】中京大中京(6勝1敗2分) 平成12年 『第3回中日本高校スーパーサッカーリーグ』開催。 17年の歴史を誇るユース年代の大会について、発足時から関わっている大垣工業の大野聖吾監督に話を聞いた。 これでスーパーリーグはお役御免となるはずだったのに、なぜ中日本だけなくならなかったのか。 こうした意義を大切にしながら、続けていきたいと思います。 【復帰】奈良育英高校 【新規参加】近大附属高校・清水東高校/参加16チーム(高校13チーム、ユース3チーム) 【優勝】 『U-17』中京大中京(リーグ戦:5勝1敗1分 順位決定戦:2勝1分) 『U-18』星稜(リーグ戦:5勝2敗 順位決定戦:3勝) 平成16年 『第2回U-17中日本ユースサッカースーパーリーグ』開催。

次の