ご 足労 おかけ し ます が。 ご足労の意味とは?正しい使い方やタイミング、類語との違いも解説

目上の人に使える?「ご足労おかけします」の意味と使い方

ご 足労 おかけ し ます が

「何卒よろしくお願い申し上げます」の「よろしく」は 希望の実現のために相手になすべき配慮を期待していう語になります。 相手に足を運んでもらうことが決定しているような場面で「わざわざ足を運んでいただきもうしわけありませんが〜」という意味で「ご足労おかけしますが〜」と使用されます。 そのため、「ご足労ください」「ご足労お願いします」など、来ていただくことを相手に強要する使い方は誤用ですので、注意が必要です。 「お足元」というのは、「足がついている地面」を意味しています。 相手を敬う言葉ですから、目上の人や取引先の相手に使ってもまったく問題ありません。 「ご足労いただき」の 「〜いただき」は、何かをしてもらった後に使用することが基本であり、お礼の言葉が辞込められているということを前述しました。 社外の人に「自分たちよりも、同じ会社の人間に気を使っている」と不快感を与えてしまいます。

次の

「ご足労おかけしますが、ご足労いただき」は目上の人に使える?意味と使い方を紹介

ご 足労 おかけ し ます が

」などと謙遜した気持ちを表すことができ、 「申し訳なく思う」という相手への配慮も示すことができます。 」 この例文のポイントは、「未来に起きうる出来事」の話をしているときに「ご足労をおかけしますが」という言葉が使われているという点です。 場面としては仕事関係で緊急に上司に来てもらう必要ができた時など、「お忙しい中、ご足労いただきありがとうございました」のような例文となります。 従って、「ご足労いただき申し訳ありません」というような使い方をするよりも「ありがとうございます」というようなお礼の気持ち使用すことが基本となります。 出来るビジネスパーソンほど謙虚である、といわれるように、仮に来てもらうことが当たり前の場面でもこういった気遣いの言葉を使えるようにしましょう。 「ご足労をおかけしますが」の意味と使い方の例文!「ご足労いただき」との違いとは? 気になる情報. 「ご足労おかけしますが」は、足を運んでもらう前に「足を運んでいただき申し訳ありません」といったように「申し訳ないという」という気持ちが込められていますが、「ご足労いただき」は その逆で、足を運んでもらった後の「感謝の気持ち」が表現されています。 「お手間」を用いる場合は、「お手間をとらせる」とするのが正しい表現となります。

次の

「ご足労をおかけしますが」の意味と使い方の例文!「ご足労いただき」との違いとは?

ご 足労 おかけ し ます が

話し言葉では、例えば「本日は弊社までお越しいただき、ありがとうございます」のように、「お越しになる」「ご来社」などに言い換えるのが一般的です。 相手が目上の人だからこそ、慎重に言葉を選ばなければいけません。 そのため、実際に会って使用するよりはむしろビジネスメールを送る際や、電話などのやり取りのときに用いられることが多い表現です。 例) 「この度は、ご足労いただき誠にありがとうございます。 「ご足労おかけしますが」は、「ご足労」という言葉と「かける」という言葉が使用されています。 「ご足労をおかけしますが」という言葉は、過去や現在に起きた(起きている)出来事ではなく、未来の出来事に対して使える表現なんですね。

次の

「ご足労おかけしますが」の意味と使い方【例文あり】

ご 足労 おかけ し ます が

「ご足労おかけしますが」が必ずしも定型句として頻用されるわけではなく、ご足労を用いる表現は多数あります。 「足労」は「歩く」「行く」などの意味を丁寧にしたもので、意味は「わざわざお越しいただく」です。 」 ご足労おかけしますが、よろしくお願いします 「ご足労おかけしますが、よろしくお願いします。 「大変恐縮ですが」や、「お忙しいところ申し訳ありませんが」というような、クッション言葉を前につけると印象が良くなります。 この意味をしっかりと頭に入れて、「ご足労」を使う場合は、「ご足労頂きありがとうございます」「ご足労頂きありがとうございました」といったように、相手をねぎらう想いを直接伝えるか、ビジネスメールで送るようにしましょう。

次の

「ご足労をおかけしますが」の意味と使い方の例文!「ご足労いただき」との違いとは?

ご 足労 おかけ し ます が

特に新入社員の方や年次が比較的若い方の場合は、どういった場面であれ、意識的に使うのが好ましいでしょう。 「手間をとらせる」と「お手数をおかけする」は、似たような言葉ですが、対象者が異なります。 得てして来訪を受け続けるとそれが当たり前という感覚になってしまい、このようなちょっとした気遣いがおろそかになることがあります。 タイミングに応じて同じ言葉であっても表現を変える必要があることは留意して使用していきましょう。 ただいま担当の者が参りますので少々お待ち下さいませ」 「本日は遠路からわざわざご足労いただき誠に感謝申し上げます」 結婚式などでも使う「お足元の悪い中、ご足労いただきありがとうございます」 結婚式などでも使う「 お足元に悪い中、ご足労いただきありがとうございます」という言い回しを紹介します。 「ご足労おかけしますが」は、 相手に来てもらう前に使用する言い回しなので、後のは「よろしくお願いします」というように続け、「 足を運んでいただき申し訳ありませんがよろしくお願いします」という気持ちを伝えます。 ですので「ご足労」とは、こちらが足を運ばなければいけないところを、わざわざお越しいただいたことに、感謝の気持ちを表した言葉なのです。

次の

「ご足労をおかけしますが」の意味と使い方の例文!「ご足労いただき」との違いとは?

ご 足労 おかけ し ます が

どうぞ気をつけてお帰りくださいませ」 「先日はお足元が悪い中ご足労いただきましてありがとうございました」 「ご足労いただき恐縮ですが、〜」と来る前に使うこともある 「おご足労いただき恐縮ですが、〜」は、来る前に使うこともある言い回しです。 つまり、「ご足労いただき」は 「足を運んでもらったことに対する感謝の気持ち」が込められている言葉だということです。 「ご足労」の意味と目上の方への正しい使い方を覚えビジネスマンとして印象UPを! 今回は、「ご足労おかけしますが」は目上の人にOK? ご足労の意味と使い方と題して見てきました。 ビジネスのシチュエーションとしては遠方から来てもらう場合など、「遠路はるばるご足労いただきありがとうございました」のような例文になります。 「足労」というのはわざわざ出向くこと、足を運ぶことを指します。 足を運ぶという行為以外の目上の人が行う行為に対して使用することもありますので頭に入れておくといいでしょう。

次の