西日本 新聞 かんぽ。 かんぽ生命不正まとめ!わかりやすく解説・発覚のきっかけやSNS禁止についても

局員68人を厳重注意 かんぽ不正販売問題(西日本新聞) かんぽ生命保険の不正販売問題を巡り、日…|dメニューニュース(NTTドコモ)

西日本 新聞 かんぽ

関係者によると、営業現場では、こうした契約を「AB契約」と呼ぶ。 「組織ぐるみと受け取られかねない」と、あくまで被害者として経営陣は自らに責任はないと主張しており、騒動を収束させるために仕方なく「辞任検討」をほのめかせています。 職員の利益のために無保険期間を作らせた• 契約時に被保険者が同席していない場合、営業担当局員は後日、被保険者と面会して健康状態が加入要件を満たしているかをチェックする。 経営陣は動画を見た方がいいかもしれない。 また、顧客に多数の契約をさせた事案など2月から進めている約22万件の追加調査では、5月末までに聞き取りを終えた顧客約2万3千人のうち、約6200人が「意向に沿っていない」と回答したことも明らかにした。 詐欺行為の営業手法の勉強会の実施• 不正販売問題の原因を調査した特別調査委員会が26日に公表した報告書は、かんぽ生命では「顧客に不利益を生じさせた可能性がある契約でも、署名・押印を得ており違法ではないとの意識が根強かった」と指摘した。 解約手続きの書類に、顧客に保険料が払い込み済みであることを確認する項目を追加するなど抑制策を講じていた。

次の

「グループの一体経営を」 かんぽ不正販売、柘植芳文氏に聞く|【西日本新聞ニュース】

西日本 新聞 かんぽ

日本郵便の立林理常務執行役員は、同日の記者会見で「新型コロナの影響で大変な状況の方が多数おられる中で申し訳ない」と陳謝。 すでに顧客となっている人に別の保険を契約させる この2つがあります。 ただ、その場では詳しく説明しないため、子や孫が契約内容を知らないケースがほとんどだ。 周囲のうわさに惑わされることなく、冷静に行動してください」 同社が18日に局員向けに出した文書では不正受給が発覚した場合、中小企業庁による事情聴取や事業所への立ち入り調査がなされ、悪質なケースでは刑事告発されると警告。 かんぽ生命二重支払い返還の方針 2019年7月10日にかんぽ生命は、保険料の二重支払いが行われていた分について返還を行っていく方針であることを公表しました。

次の

かんぽ生命不正まとめ!わかりやすく解説・発覚のきっかけやSNS禁止についても

西日本 新聞 かんぽ

このような事態が当たり前に行われていた背景には、職員が「手当を減額されないため」というだけでなく、達成不能なノルマを課されていた現状も大きく影響していたと言われています。 は12日、感染症の影響で収入が減った個人事業主らを国が支援する「持続化給付金」を巡り、との社員約120人が新型コロナとは無関係なのに受給申請していたと明らかにした。 持ち株会社の日本郵政は取材に対し「調査の結果、制度の趣旨に照らして適切でない申請、受給が確認された場合は、申請の取り下げ、給付金の返還を勧告することとしている」とコメントした。 新規顧客を開拓する• 同社が受託販売しているのは、東京海上日動火災保険など損害保険5社が共同で手掛ける自動車保険。 厳重注意以外では、542人について不正の度合いなどを考慮して処分を免除したという。 同社関係者は「不正申請が事実ならば、さらなる企業イメージの悪化につながりかねない」と危機感を強めており、22日には現場管理者に実際に申請した局員がいないか調査するよう指示した。 被害は当初6000件あまりと見積もられていましたが、2019年7月10日の発表では保険の乗り換えで不利益を被った契約数は9万件以上に上りました。

次の

かんぽ、払い済み後に契約乗り換え5万件 局員が実績稼ぎか|【西日本新聞ニュース】

西日本 新聞 かんぽ

かんぽ生命は取材に対し「件数については答えられないが、(内部資料の)数字が不適正そのものではない。 だからこそ、の増田寛也社長には、グループの一体的な方向性を示してほしい」 -一部事業を公営化するなど、今の民営化路線を修正すべきだと思うか。 かんぽ生命の社員が顧客宅を訪問したり、電話したりして不利益が確認されれば保険料の返金などで対応している。 ・かんぽ生命二重支払い返還の方針 2019年7月10日にかんぽ生命は、保険料の二重支払いが行われていた分について返還を行っていく方針であることを公表しました。 (宮崎拓朗). 2012年に改正された郵政民営化法は、郵政グループ各社が支え合う一体経営を求めているが、その意識が経営陣に薄い」 -どういうことか。 解約や乗り換えに際し、お客さまへの説明が十分に行えていないようなケースがあれば、社内規定違反であり問題であると認識している」と回答。 保険料を支払う契約者(A)と、保険を掛けられる被保険者(B)が異なるのが由来だ。

次の

局員68人を厳重注意 かんぽ不正販売問題(西日本新聞)

西日本 新聞 かんぽ

「新しい契約をさせておきつつ、旧契約を6ヶ月以上経過するまで解約できないことにしてしまえばよい」 かんぽ生命の契約者の多くは高齢者で、信頼している郵便局の保険なら「勧めてくることに間違いはないだろう」と思い込んでいるため、二重支払いを了承してしまいます。 ただ、この指標には払い込み済み保険の解約は反映されず「払い込み途中の解約と比べ、内部チェックが甘かった。 また、顧客に多数の契約をさせた事案など2月から進めている約22万件の追加調査では、5月末までに聞き取りを終えた顧客約2万3千人のうち、約6200人が「意向に沿っていない」と回答したことも明らかにした。 関係を見直し、協調路線の仕組みにすべきだ。 統廃合し、誰もが利用しやすい場所への再配置を検討すべきではないか。

次の

「グループの一体経営を」 かんぽ不正販売、柘植芳文氏に聞く|【西日本新聞ニュース】

西日本 新聞 かんぽ

(宮崎拓朗). 国が給付金の受け付けを開始した5月1日以降、西日本新聞には「一部の局員が新型コロナの影響と偽り、給付金を申請している」との情報が複数寄せられている。 保険料を支払う契約者(A)と、保険を掛けられる被保険者(B)が異なるのが由来だ。 いずれのケースも医療保障や収入保障に特化した他社の保険で対応した方が合理的だ」と話す。 関東の局員は「一連の不正販売問題で発覚した『多数契約』や被保険者を次々に変えて乗り換えさせる『ヒホガエ』は、AB契約の発展型だった」と明かした。 多くの場合、高齢者は契約内容を十分理解しないまま加入していた。

次の

局員68人を厳重注意 かんぽ不正販売問題(西日本新聞) かんぽ生命保険の不正販売問題を巡り、日…|dメニューニュース(NTTドコモ)

西日本 新聞 かんぽ

制度を所管する中小企業庁は、不正受給が判明した場合は刑事告発するとしており、刑事罰が科される可能性もある。 一つは「契約期間が6ヶ月以内に解約して新しい保険を契約してもらっても営業成績は半分になる」というものと、 二つめは「解約後3ヶ月以上は期間が空いていないと新しい契約と見なされずに営業成績は半分になる」というものです。 2つは「特約の切り替えで対応可能なのに不利な契約変更」をさせられたことです。 不必要な保険の乗り換えで保険料を上昇させた• かんぽ生命保険で、こうした不自然な契約が全国的に相次いでいる実態が明らかになった。 -問題をどう受け止めているか。 かんぽ生命不正まとめ かんぽ生命不正のポイントをまとめると次の6つの点になります。 子や孫の死亡時に高齢者が保険金を受け取る-。

次の

「グループの一体経営を」 かんぽ不正販売、柘植芳文氏に聞く|【西日本新聞ニュース】

西日本 新聞 かんぽ

特約の切り替えで対応可能なのに不利な契約変更を強制した ・かんぽ生命不正の内容をわかりやすく解説• で取材班と直接やりとりもできます。 日本郵政グループは昨年8月から、乗り換え契約の際に新旧の保険料を二重払いさせるなど顧客の不利益が疑われる約18万3千件の「特定事案」を調査しており、今年5月末時点で1889人の不正が確定した。 分社化した各社に自立するよう求めた。 いずれのケースも医療保障や収入保障に特化した他社の保険で対応した方が合理的だ」と話す。 全国各地のローカル・メディアとも連携し、情報や記事を共有したり、協働調査報道に取り組んだりしています。 どのようにして契約者を言いくるめたのかは分かりませんが、「無保険期間ができてしまうことを伝えなかった」可能性が考えられます。

次の