航空 自衛隊 文書 管理 規則。 【陸上自衛隊の仕事】陸上自衛隊の仕事「本部勤務」について│公務員総研

昭和の航空自衛隊の思い出(42) 総務業務の急速練成

航空 自衛隊 文書 管理 規則

(二)航路備用機場:指航空器在飛航中遇到異常或緊急狀況之備用機 場。 第5移動警戒隊(1984年10月-2002年3月 八雲分屯基地)• 『固定通信網回線保守規則』【陸自】 運用部隊等 適用業務を処理する次の部隊等をいう。 『航空機の運航に関する達』【空自】 昇任訓令 自衛官の昇任に関する訓令(昭和34年防衛庁訓令第62号)をいう。 連隊で行う集合訓練ならば連隊本部第3科が企画運営します。 『自衛隊の原子力災害派遣に関する訓令』 原子力災害派遣実施部隊の長 方面総監、第1ヘリコプター団長、自衛艦隊司令官、地方総監又は航空総隊司令官をいう。

次の

航空自衛隊の隊一覧

航空 自衛隊 文書 管理 規則

三、符合持續適航之現況資料。 以下「場外離着陸場」という。 以下「運航実施に関する達」という。 『固定通信網回線保守規則』【陸自】 回線借用 公社が防衛庁に対し、保守及び工事のため広帯域線又は専用線の提供を一時中断することをいう。 -立川分屯基地 廃止 整理・解散 された部隊 [ ] 航空総隊隷下部隊 [ ]• 『航空自衛隊形態管理規則』【空自】 形態管理 (1)形態の識別、形態の変更管理及び形態の把握に関する一連の管理活動をいう。 )をいう。 第10移動警戒隊(春日基地)• 『火薬類の取扱いに関する達』【陸自】 火薬類 火薬類取締法(昭和25年法律第149号。

次の

自衛隊の訓令にみる用語の定義

航空 自衛隊 文書 管理 規則

)をいう。 ただし、これらに関する第 10 条に規定するTOの番号等については、補給本部長の 定めるところによる。 附 則(平成 14 年 10 月 31 日航空自衛隊達第 26 号) 1 この達は、平成 14 年 11 月 1 日から施行する。 『航空自衛隊空気調和設備管理規則』【空自】 運搬 防衛秘密に係る文書等を物理的に移動させることをいう。 )の補助者として契約履行の状況又は履行の適否の検査確認を行なうものをいう。

次の

一覧表示

航空 自衛隊 文書 管理 規則

但符合第二款之規定者不適用。 その際、例えば部隊長から「今年度は忙しいのに、どうしてもやらないといけないのか?中止にできないか?なぜやるのか?」と問われた場合、追悼式の企画立案を担当する自衛官はなんと回答したらいいのでしょうか? 例1 前任者から1年に1回するように申し受けています。 「黒塗り」は変わらないか さらに行政文書が保存され情報公開の対象となっているからといって、すべての内容が検証できるわけではありません。 必要時,應通報航空器設計國民航主管機關。 『中央調達に係る予定価格算定事務に関する訓令』 契約管理事務所長 契約本部の契約管理事務所長をいう。 五、過度低於儀器進場下滑道。 四、渦輪發動機之直昇機依第五項規定執行檢查。

次の

昭和の航空自衛隊の思い出(42) 総務業務の急速練成

航空 自衛隊 文書 管理 規則

四、一具具防止結冰之空速指示系統。 8.10.18)をいう。 附 則(平成 25 年 7 月 31 日航空自衛隊達第 71 号抄) 1 この達は、平成 25 年 8 月 1 日から施行する。 但有正當理由者,不在此限。 )及び否認防止(情報システムを利用して電子計算機情報の送受信を行った者が当該送受信を行ったことを否定できないことを確実にすることをいう。 『海上自衛隊海洋業務実施基準について(通達)』【海自】 指定研究 統合幕僚会議(以下「統幕会議」という。 11 対物審査 一般検査等が行われた装備品等の一部又は全部について、目視点検、 測定又は機能試験等の方法により直接審査することをいう。

次の

昭和の航空自衛隊の思い出(42) 総務業務の急速練成

航空 自衛隊 文書 管理 規則

二、由第一個目的地機場飛抵備用機場之油量。 加壓航空器攜帶之氧氣量應符合下列規定: 一、於座艙失壓時,應攜帶飛航於艙壓高度超過一萬呎足供全體組員及乘 員使用之氧氣量。 『陸上自衛官人事業務規則』【陸自】 原子力緊急事態 原災法第2条第2号に規定する原子力緊急事態をいう。 二、使用壽命超過原製造廠核准壽命百分之五十或充電電池超過充電壽命 百分之五十。 課程教育科• 航空器使用人對其航空器,包括航空器機體、發動機、螺旋槳、航空器各 項裝備及其零組件負妥善維護之主要責任並保持其符合持續適航標準。 たとえ師団長と言えども方面総監の命令には従わなければ行けません。 中華民國九十一年七月一日以後首次適航之加壓或非加壓運輸類航空器應 裝置經航空器設計國民航主管機關認證可裝置於該型機之便攜式防護性呼 吸裝備,供組員於航空器上滅火時使用,以避免煙霧、二氧化碳及其他有 害氣體或航空器失壓情況下產生之氧氣不足等情況所產生之危害。

次の