神戸 淡路 屋 駄菓子 屋。 【クレープ職人】絶品クレープがたったの100円「駄菓子屋 淡路屋」【Japanese Street Food】【creamy crepe compilation】

【クレープ職人】絶品クレープがたったの100円「駄菓子屋 淡路屋」【Japanese Street Food】【creamy crepe compilation】

神戸 淡路 屋 駄菓子 屋

こうして三代目として店を継承し、クレープ専門店「淡路屋」を開いたのが1994年12月21日。 おばあさん、喜んでくれてるかしら。 おさいふにもやさしい、お出かけスポットでした。 定休日 毎週月曜日 場所はJR和田岬駅の近くで、神戸港に面した岬のある街です。 とはいえ彼らは、決して純真無垢ではない。 親になった「かつての子どもたち」が再び自分の娘や息子を連れてやってくるのも、その関係性を築いてくれた伊藤おねーちゃんを信頼しているからなんだろうな。

次の

たった100円で絶品クレープが味わえる、奇跡の駄菓子屋さん「淡路屋」【神戸】(メシ通)

神戸 淡路 屋 駄菓子 屋

「淡路屋」はキッズの社交場 「おねーちゃん」のお店「淡路屋」は、人だかりが途絶えないお店。 その数は減る一方とはいえ、ここ、神戸市兵庫区には今も、根強いファンに支えられながら、地域の文化を次代へ残そうと知恵を絞る人たちがいる。 はじめは青果・鮮魚などを小売する「片田商店」として幕を開けました。 一般家庭に風呂が普及し始めるのは昭和30年代。 たぶん(笑)。 その妙技に思わず拍手! まるでクラブDJの卓越したプレイを見ているかのよう。 宿題したり、一発芸大会が始まったり、エロ話が始まったり、それぞれ好きなように過ごしています。

次の

たった100円で絶品クレープが味わえる奇跡の駄菓子屋さん「淡路屋」

神戸 淡路 屋 駄菓子 屋

その名の通り、神戸港に面した岬のある街。 帰り道は、しっかり社会の勉強!? たくさんの駄菓子を買って、大満足で家に帰る途中「早く食べたいな~」という娘。 ざるを片手に好きなお菓子を物色しはじめました。 震災後、不安な心持ちの子どもたちが買いやすいようにと、駄菓子を置き、100円でクレープを焼き始めた伊藤さん。 万引きとタバコ以外は干渉しないし、 「好きにしいや」と思っています。 ジュースは、神戸っ子ならみんなこれを飲んで育ったと言って大げさではないご当地ドリンク「アップル」(120円)がおすすめです。

次の

たった100円で絶品クレープが味わえる、奇跡の駄菓子屋さん「淡路屋」【神戸】(メシ通)

神戸 淡路 屋 駄菓子 屋

そして目指す 「100円でクレープが食べられるお店」が、時代がかった紺色ののれんが印象的な、ここ 「淡路屋」。 フランス生まれのクレープと「よっちゃんイカ」を一緒に味わえるお店は、僕が知る限り、全国でここだけなのでは? 店長さんは、子どもたちから 「おねーちゃん」「おねーちゃん」と呼ばれては手を引かれ、てんてこまいの 伊藤由紀さん(47歳)。 生地を鉄板の中心から外周へとさっと広げる素早いトンボさばき。 ここをなくしたら寂しいな、と思ったんです」と語る伊藤さん 大衆食堂からクレープ店へ この得難い空間を失いたくない。 俊足な娘に遅れを取りつつ、教えてもらった方向へ歩いていると、軒先に小学生3~4人が集まっている店を発見。

次の

たった100円で絶品クレープが味わえる、奇跡の駄菓子屋さん「淡路屋」【神戸】(メシ通)

神戸 淡路 屋 駄菓子 屋

「 この子ら、いつ帰るんやろう?」と思うんやけど(笑)。 住所:兵庫県神戸市兵庫区笠松通7-3-6• 「この子ら、いつ帰るんやろう?」と思うんやけど(笑)。 なるほど。 そしてクレープと駄菓子、その不思議なマリアージュの理由を聞くと……ほお。 マジの長い駄菓子。

次の

【クレープ職人】絶品クレープがたったの100円「駄菓子屋 淡路屋」【Japanese Street Food】【creamy crepe compilation】

神戸 淡路 屋 駄菓子 屋

そのお姉ちゃんが子どもたちから慕われている理由、それがドキュメント72時間に登場する神戸の下町にある駄菓子屋「淡路屋」の二つ目の魅力だと思いました。 三菱重工や三菱電機の通勤客が主な利用者。 それで、 100円玉を持ってきたらそこそこの量が買える駄菓子や駄玩具も置き始めたんです。 二代目となる母の博子さんは、お店を祖母のきよ子さんとふたりだけで切り盛りすることとなりました。 生徒たちにとってここ「淡路屋」は、閑散とした校舎を飛び出して駆けつける、楽しい 学童保育の場所になっているようです。 すると、この日買ったお菓子は半分以上が愛知県産のものでした。

次の

駄菓子が好きなのは子どもたちだけじゃない「あかね屋」〜兵庫県神戸市〜

神戸 淡路 屋 駄菓子 屋

そうだったのですか。 嗚呼、なんだか励まされました(涙)。 伊藤さん:レシピは湊川にあるクレープの名店 「とらいあんぐる」さんと同じです。 絶妙な間隔でテーブルがあって、知らないお客さんどうしでも気軽にしゃべりあえる。 まあ材料のカスタードクリームなど、ほとんどの材料が手作りやし、少しづつ作るからロスも出ないですしね。 立ち上げたのは2年前にお亡くなりになった祖母の片田きよ子さん。 中には「すぐ来るから場所とっといて」と言って帰って行く子もいました。

次の

兵庫県の駄菓子店(586)菓子

神戸 淡路 屋 駄菓子 屋

ベビースターのキャラは前のほうが良かったような・・・。 こうして三代目として店を継承し、 クレープ専門店「淡路屋」を開いたのが1994年12月21日。 おばあさんが立ち上げたこの「淡路屋」は、孫である「おねーちゃん」が焼くクレープという太陽に、いまもほのぼのと照らされています。 100円を超える商品はさらにボリュームアップ! メニュー数も一気に増加します。 シンプルなようで、意外と手が込んでいるクレープ。 神戸ならでは、と銭湯マニアが熱い視線を送る、くみ出し洗い式の銭湯だ。

次の