国民 年金 厚生 年金 違い。 国民年金基金とは?国民年金との違いは?

意外と知らない国民年金と厚生年金の違い

国民 年金 厚生 年金 違い

これだけでも、払わない理由はないと思います。 20歳になったら自分で加入手続きをして加入する必要がありますので、学生さんなどで心当たりがないという方は一度調べてみてください。 国民年金よりも毎月の保険料が高い分、将来もらえる分も多いわけです。 もちろん、満額受給ではありませんので、20歳から60歳までしっかり年金保険料を納めた方に比べると受給額は少なくなりますが、それでも受け取れる方が広がったとも言えるでしょう。 そのため、就職した時は自分の居住地域を管轄している年金事務所に厚生年金への切り替えを行ったことを伝え、手続き状況を確認してもらうのがいいでしょう。 また、「健康保険」や「共済組合」の「被扶養者(ひふようしゃ)」のような制度もありません。

次の

厚生年金とは何か?仕組みと国民年金との違いをFPが簡単に解説

国民 年金 厚生 年金 違い

なお、被保険者の「種別」は転職や結婚などにより職業が変わった場合はその都度変更されます。 仕事を休んでいるのに、最大で1年6ヶ月間もこの金額が支給されるのはかなりありがたい制度と言えますね。 ただし、 iDeCoは積み立てられた掛け金を自らが金融商品で運用し、 60歳以降に掛け金と運用益を合計した金額を受け取ることができる仕組みのため、運用次第では元本割れの危険もあります。 職種によって、厚生年金被保険者としての分類が異なります。 加入は強制ではなく任意。 配偶者の収入が130万円を超えたとき 第 3号被保険者(厚生年金の加入者に扶養されている配偶者)には資格要件があり、年収が 130万円を超えると第 3号被保険者としての資格を喪失してしまいます。

次の

国民年金と厚生年金の違いとは?厚生年金の基礎知識を解説

国民 年金 厚生 年金 違い

残りの9. 老後の生活を支えるための年金です。 月額は13万円ですので、もしも持ち家がなく、アパートで生活するという場合は年金だけだとかなり厳しい生活を強いられることになります。 ただし、共済年金は 2015年の制度改革で厚生年金と一元化されたため、現在は共済年金という制度はなくなりました。 2017年(平成29年)は16,490円 2016年16,260円 2015年15,590円 2014年15,250円 2013年15,040円 厚生年金の概要 厚生年金はある一定の企業が入ることのできる保険です。 共済年金は厚生年金よりも保険料率が低く、その他にも共済年金特有の制度があったため、共済年金制度を通して公務員が優遇されている実態がありましたが、この一元化によって会社員と公務員の保険料率が統一されるなど、公平性の確保が図られた格好です。

次の

国民年金基金と厚生年金の違いやメリット・デメリットを解説

国民 年金 厚生 年金 違い

以下の業種は任意で入ることになっていますので、労働者であっても厚生年金がないところもあります ・農林水産業 ・サービス業(旅館・料理店・飲食店・理容店など) ・法務業(弁護士・税理士・社会保険労務士など) ・宗教業(お寺・神社など) 厚生年金で一番特徴的なのは、支払う保険料が 働いている人と企業との折半になるので、働く人にとって有利と言われるゆえんはここにあります。 国民年金の13万円とは大違いです。 a 19歳誕生月~:国民年金『第2号』被保険者(厚生年金)として12月 b 20歳誕生月~:国民年金『第1号』被保険者として12月 更に、21歳誕生月から5年間厚生年金に加入したとすると c 21歳誕生月~:国民年金『第2号』被保険者(厚生年金)として60月 そして、26歳誕生月に2歳年上の彼と社内結婚をし、寿退社(専業主婦)をして60歳誕生月[当人]の前月まで(60-26=34年)過ごしたとすると d 26歳誕生月~:国民年金『第3号』被保険者として408月 以上のような年金加入をした場合、b+c+dが300月(25年)以上あれば老齢給付の受給権が発生いたします。 前段の図解でも説明している通り厚生年金に加入している方は国民年金にも加入していることになります。 さらに厚生年金があれば納付額に応じて(納付額は月額の給与で決まる)、 一般のサラリーマンであれば10万円から20万円くらいが月額で支給されます。 そのため、基本的には両方の保険料を支払ってしまうということは起こりません。

次の

国民年金と厚生年金の違いは?切り替え手続きもわかりやすく解説

国民 年金 厚生 年金 違い

障害等級2級:772,800円(年間) ただし、厚生年金に加入していれば、過去の報酬額(収めた厚生年金保険料)や配偶者の有無などによって上乗せが行われる他、国民年金だけだとでない、「障害等級3級」の場合でも年金の給付がなされます。 2 お書きになられている状況から「障害厚生年金」や「遺族厚生年金」を受給する事は無いと考えられますが、これらの年金受給につながる。 この仕組みは国民年金を一階、厚生年金を二階とした「二階建ての年金制度」と呼ばれています。 加入者が死亡した場合に遺族が受け取れる「遺族厚生年金」 2番と3番の状態になった場合は、65歳を前にしてでも厚生年金が受け取れますので覚えておきましょう。 しかも、「 厚生年金の保険料を会社が半分負担してくれる 払ってくれる 」という特典まで付いているので、年金としてもらえる金額に対して、自分が負担する保険料が少なくて済むので、国民年金加入者よりもお得なのです。

次の

厚生年金と国民年金の違いとは?今さら聞けない厚生年金の基礎知識

国民 年金 厚生 年金 違い

また、子供が18歳を過ぎると遺族基礎年金を受け取ることができなくなりますが、代わりに中高齢寡婦加算を受給できるようになります。 「国民年金」は日本に住んでいる20歳以上60歳未満の国民すべての人が入るもので、「厚生年金」とはその上乗せということになります。 また、企業年金を設けている企業では、その企業の社員は全員加入が原則ですが一部の社員の加入を除外したり、加入を選択できたりすることも可能な制度です。 両者を比べると、厚生年金の方がより手厚い年金が支給されることがわかります。 今現在、そして将来的に厚生年金に入るつもりはない(会社勤めをしない)という方は危機感を持つには十分な内容となっているので、是非ともこのページでその保障内容の違いを把握し、将来に備えるキッカケとしていただけたらと思います。 そこで今回は、 それらの年金の違いと将来いくら受給できるのかを簡潔にまとめました。 公的年金の平均支給額の詳細は「」をご確認ください。

次の