松平 広 忠。 深溝松平家 - Reichsarchiv ~世界帝王事典~

松平家広

松平 広 忠

著名な人物には、の従弟・がある。 母:娘• 『面貌』 作: 漫画• 6代当主。 しかし、引き続き行われた残敵追撃戦で前線に出過ぎたために、退却する武田軍のから猛反撃を受けて戦死した。 須田 1998 , 38頁. 衝撃的な信長像に驚いた人も多かったのでは。 家康が忠輝と面会したのは、3年()のことであるが、そのときも家康は忠輝を嫌ったといわれている(後述)。 寛永16年(1639)に忠重の死去に伴い桜井松平家の家督を継ぎ、掛川藩の藩主に就任しています。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。

次の

松平広忠

松平 広 忠

松平忠俔 時代 中期 生誕 元年() 死没 3年() 改名 芳喬(幼名)、忠長(初名)、忠俔 戒名 玉竜院殿譚水源澄大居士 墓所 深溝の 官位 幕府 主君 藩 主 氏族 父母 、 兄弟 、 忠俔ら 子 継室、 松平 忠俔(まつだいら ただみ)は、中期の。 『豊橋市史』第6巻 表 ・ 話 ・ ・ 15代当主(1820年 - 1840年) 信広 長勝 勝茂 信吉 親長 由重 信和 尚澄 親相 信乗 信言 信汎 頼載 信英 九洲男 信泰 英男 弘久 輝夫 … 宗家 守親 清直 清当 義堯 義著 義峯 守惇 守誠 善長 清良 清倫 敬信 … 宗家 大給 宗家 宗家 重忠 忠清 断絶 康定 清長 清吉 清忠 清政 清次 祐義 義清 祐教 清門 義崇 義理 健三郎 鉄太郎 富次郎 … 親次 親俊 康親 康盛 康俊 康兆 康永 断絶 清定 忠養 … 断絶 藤井 乗清 乗遠 乗高 乗次 正貞 正勝 重信 滝脇信成 滝脇信鑰 滝脇平人 … 貞副 信興 信美 忠正 … 昌久 三光 正親 康安 正朝 正永 断絶 五井 忠益 忠明 忠根 忠寄 忠命 忠元 忠凱 弘之助 … 忠威 忠諒 忠貞 … 能見 親則 親益 親清 勝宗 一忠 親広 直信 昌興 親孝 親応 親芳 忠道 忠徳 …. 幕閣の重鎮のとも義兄弟であるため登用されたと考えられる。 1542年頃より、上和田の砦に移って岡崎城を伺っていたが、1547年10月に至り、松平広 忠の刺客筧重忠に暗殺された。 慶長15年()閏2月、(福島城主・後述)30万石を加封され、このとき川中島14万石と併合して合計45万石を領した(『恩栄録』)。 築城 [ ] 越後領有当初の忠輝は、が築いたを居城としたが、を築城し、慶長19年()2月にこれに移った。 忠輝は従四位下左近衛権少将に叙任されたが、生涯を上総介で通したという。 の従弟であり、義弟でもある。

次の

松平伊忠

松平 広 忠

死因は不明で、暗殺説・討死説など謎となっていますが、家臣の岩松八弥(片目弥八)に刺殺されたもあります。 しかし、家康を護送する最中に田原城城主である戸田康先の裏切りにあって、家康の身柄は織田氏に渡ってしまいます。 生年が辰年だったのがその由来と思われる。 このとき、松平勘解由家当主となった(の子)が幼かったため、芳喬が広教の補佐を命じられる。 享年75。

次の

松平忠俔

松平 広 忠

続いて3年()のでも忠次に従った。 家康という絶好の人質を得た信秀は、広忠に対して執拗に今川氏との断交を迫られましたが、広忠はこれに応じませんでした。 大坂夏の陣のとき、から大坂に攻め入る総大将を命じられていたが、遅参したため。 『』(2015年、セガ・インタラクティブ). 伊達政宗の後援の下に大和口の総督を命じられたが、遅参により軍功を挙げることはできなかった。 通称・仙之助、孫三郎。

次の

松平忠倶:概要

松平 広 忠

少将(忠輝)せんかたなく御城下の禅寺に寓居して。 1623年以降• 長谷川正之 - 小姓頭。 出生年に父・忠正が死去し、跡を継いだ叔父もほどなく死去したために5歳で家督を継いだ。 改易・配流 [ ] の貞松院にある忠輝の墓所 しかし父・家康との距離は縮められずじまいのまま、慶長19年()のでは江戸の留守居役を命じられる。 忠輝の菩提寺である貞松院の住職・が300回忌での赦免を思い立ち、徳川宗家18代目当主のに願い出て実現した。

次の

松平忠質とは

松平 広 忠

忠輝の重臣で縁者の花井吉政は、娘を大久保の息子の室とし、さらに息子の室に大久保の娘を迎えている。 三男:松平忠義• 『三河物語』によれば、叔父・信孝の首を見た広忠は号泣し、信孝を追放したあげくに命まで奪ってしまった無慈悲を嘆いたといいます。 に参戦している。 一揆によって殺害されたとする説。 色塗エリアは三河国。 仮に家臣に殺されたのだとすると、親子二代に渡って家臣に背かれて命を落としたということです。

次の

久世氏(関宿藩) - Reichsarchiv ~世界帝王事典~

松平 広 忠

略歴 [編集 ] 元年()12月1日、代々島原藩深溝松平家の大老を務めた松平勘解由家の当主・松平次章の四男として誕生(4年()生まれとの説もある)。 の・も長沢松平氏のの一つであるとされている。 小豆坂の戦いなど、岡崎城近くでも激しい合戦となっており、今川勢には の名も見受けられます。 こうして、今川勢の援軍を得ると、三河・室城に入って岡崎城を伺いました。 3年()5月のにも参戦した。

次の