六 歳 の 僕 が 大人 に なる まで。 【インタビュー】イーサン・ホーク 12年間にわたる“家族”との撮影『6才のボクが、大人になるまで。』

6才のボクが、大人になるまで。

六 歳 の 僕 が 大人 に なる まで

2014年7月17日閲覧。 100人の登場人物それぞれの24時間を描いた二作目『Slacker』(91)がサンダンス映画祭で絶賛され注目を浴び、続く『バッド・チューニング』(93)が米国内で大ヒット。 aLL rights reserved. シングルマザーの母親と姉と暮らしている。 そういった個人的な理由もあって、僕にとってものすごく重要な作品なんだ」。 それはティーンエイジャーにとって、とても貴重なことだと思う。 。

次の

6才のボクが、大人になるまで。 : 映画評論・批評

六 歳 の 僕 が 大人 に なる まで

さらに彼らの転居先に、離婚してアラスカに行っていた父(イーサン・ホーク)が1年半ぶりに突然現れ……。 ヒューストン生まれの監督にとって、やはり地元の風景を撮影することにはこだわりがあったのでしょうか。 1937• 2007• 1989• 父との再会、母の再婚、はじめての恋。 アラスカから戻って来た父との再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋。 時が過ぎるのは早い。 イギリスの当時7歳の子どもたちに7年ごとに取材をしている。 第87回アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚本賞ほか計6部門で候補に挙がり、アークエットが助演女優賞を受賞した。

次の

【インタビュー】イーサン・ホーク 12年間にわたる“家族”との撮影『6才のボクが、大人になるまで。』

六 歳 の 僕 が 大人 に なる まで

しかし、IFCフィルムは青少年が本作を鑑賞するのに保護者を同伴する必要はないと考えており、自社の映画館では保護者を同伴させていない青少年の入場を許可している。 2014年7月20日閲覧。 出典 [ ] []• サイト側による批評家の意見の要約は「映画技術史上の金字塔的作品でありながら、本作で語られる内容は非常に密度の濃いものとなっている。 2015年1月19日閲覧。 「誰かが降板した時のエスケープ・プランなんてなかった。 2001• 本作を見ると、人は消えゆく記憶を止めることはできないのだなと再確認する。 1977•。

次の

話題作『6才のボクが、大人になるまで。』は音楽愛にあふれてる

六 歳 の 僕 が 大人 に なる まで

1944• リンクレイターは当時7歳だったコルトレーンを本作の軸となる役であるメイソン・ジュニアに抜擢した。 原題と邦題の違いに加え、少年とその家族の12年間の成長・変遷がどのように描かれているのかにも注目し、本作を楽しんでみてはいかがでしょうか。 「劇中に子どもが成長する」と聞くと「北の国から」や「渡鬼」なんかを連想しちゃうけど、それはドラマで、今作は映画。 本作の撮影は、コルトレーン演じるメイソン・ジュニアが子供から青年に成長していく姿を描くために、2002年の夏から2013年の10月まで12年間を通して断続的に行われた。 主人公の少年メイソンを演じるエラー・コルトレーンを筆頭に、母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレーターの4人の俳優が、12年間同じ役を演じ続けて完成された。 主人公を演じた新星エラー・コルトレーンをはじめ、主要人物4人を同じ俳優が12年間演じ、それぞれの変遷の歴史を映し出す。 家族が即興で歌うシーンにも そんな名曲や伝説のソングライターに負けず劣らず、キャストも音楽の豊かな魅力を表現していました。

次の

6才のボクが、大人になるまで。 : 作品情報

六 歳 の 僕 が 大人 に なる まで

映画監督のは「2014年のお気に入り映画10本」に本作を入れていて 、も本作を2014年の最も良かった映画に挙げている。 6歳から18歳という、もっとも多感な時期を抽出することによって、私たちの不完全な過去の記憶と密接にリンクするようになる。 1936• 「メイソンの人生に起こる大きな出来事は決まっていたんだと思うけど、その年々の細かい会話だとかは撮影をしながら書かれていった。 批評家からの評価 [ ]• 自分がどういう人間になるかということがその時期に決まるというか。 1952• でもリチャードは、美しいものは美しいままに、素直に描き出す。

次の

6才のボクが、大人になるまで。

六 歳 の 僕 が 大人 に なる まで

主人公は、テキサス州に住む6才の少年メイソン。 』予告編. さまざまな経験が一人の少年を大人にして行くーー。 そこで新しい義父の訪問や同居、暴力等々、ありふれてはいるが彼らにとっては波乱万丈の少年時代を過ごすことになる。 例えば、女性にメイクをして、強いライトを当てるより、ありのままの姿を撮る方が好きなんだ。 若い人達に恩返しするような気持ちで、優しく指導してあげたいと思っているよ」。

次の

超映画批評「6才のボクが、大人になるまで。」80点(100点満点中)

六 歳 の 僕 が 大人 に なる まで

だからこんな点数をつけたくなかった。 2009• C RS. 僕が若かった頃、多くの人達に優しくしてもらったけど、今は逆の立場だ。 1943• 1994• その、最大のセールスポイントに演出上の必然性が見られる点が、高評価の理由である。 映画『6才のボクが、大人になるまで。 2014年7月17日閲覧。 だから音楽マニアでなくても違和感なく映画に入り込めるし、作り手と受け手との記憶のギャップが極めて小さいことで密な空間が生まれるのですね。

次の