リクナビ 問題 と は。 リクナビによる「内定辞退率」データ提供の問題点はどこにあったか 法的観点から弁護士が解説

詳報・リクナビ問題 「内定辞退予測」なぜ始めた? 運営元社長が経緯を告白 (1/3)

リクナビ 問題 と は

さて、このように、当該のサービスは個人情報保護の観点から大きな問題であるといえる。 一方で、採用企業がR社に対して個人データの「取得の委託」まで行っており、この委託に基づきR社がリクナビ2020ユーザーから個人データを取得していたといえる場合は、適法な委託となる余地は残る。 リクルートキャリアは旧スキームについて「RCOはリクナビからCookie情報を個人を特定できない形で得ていた」「リクルートキャリアは学生の個人データを持っているが、RCOは持っていない」としている。 問題をめぐっては、個人情報保護委が8月、リクルートキャリアに対して、適正な個人データの管理や組織体制の見直しを求めて勧告。 ユーザーが個人情報の提供を望まないのに、他のサービスに乗り換えられないために個人情報を提供せざるを得ないケースが問題視されています。

次の

「リクナビ」含め5件勧告 個人情報保護委、19年度報告:時事ドットコム

リクナビ 問題 と は

リクナビ問題は、ひとつの個人情報漏洩事件として、大きな教訓をもたらしました。 理由の1つとみられるのが、リクナビ2019とリクナビ2020とではスコアを受け渡すスキームが異なっていた点だ。 YKK• そんなことになったら「普通に社会で生きていく」ことができなくなってしまう。 また利用企業等に対して提供されるデータは行動履歴等の分析・集計データであり、行動履歴等そのものは、あらかじめユーザー本人の同意を得ることなく個人を特定できる状態で第三者に提供されることはありません。 京セラ 購入各社の発表内容 リクナビの「内定辞退率」を購入した企業の報道コメントをまとめます。 本件では、職業安定法への抵触の可能性もあるとされていますが、この点についてはいかがでしょうか。

次の

リクナビ個人情報漏洩問題(りくなびこじんじょうほうろうえいもんだい)とは

リクナビ 問題 と は

利用企業は過去の就活生の学歴や選考結果をリクルートキャリアに提出、同社は「リクナビ」の閲覧情報などと組み合わせて就活生の内定辞退率を分析、販売していた。 リクナビ問題では政府の個人情報保護委員会が8月、リクルートキャリアに個人情報保護法違反で是正を勧告。 それゆえ、このままでは、類似のサービスが普及し、当然のように就職希望者の行動履歴が企業に共有され、特定の者が排除されるという事態が近い将来実現してしまいかねない。 では19年2月以前はどうか。 就職希望者の能力や個性とは関係なく、どれだけ就職活動を頑張っても就職に結びつかないということになってしまうだろう。 西山です。 一方、リクナビ2019の旧スキームについては「リクルートキャリアから顧客企業への個人データの第三者提供が行われない形態」と記載しており、問題視する記述はなかった。

次の

リクナビ問題とは。利用規約を読まない、個人属性以外は個人情報ではないなど穴だらけ?

リクナビ 問題 と は

ここでそれを繰り返すことはしないが、問題となっている点だけ整理しよう。 契約の取り決め方法としては、リクルートキャリアからの利用状況の確認にとどまらず、リクルートキャリアから各企業に対する立入調査条項を含めることも考えられますが、自社の顧客である各企業に対する調査権限を認めるような条項を定めることは非現実的といえます。 23日をめどに、2020年卒の「リクナビ」会員約80万人を対象に、メールで案内する予定という。 今後の改正で盛り込まれる可能性はある。 だが、サイトの閲覧履歴に関する情報が志望先の企業の手に渡ることを恐れ、そのような比較ができなくなることが懸念される。

次の

リクナビ問題、なぜ「脱法」サービスが生まれたのか

リクナビ 問題 と は

リクルートコミュニケーションズがデータ提供を仲介 リクナビ2019の旧スキームの重要なポイントは、データ提供の仲介役としてグループ会社の「リクルートコミュニケーションズ(RCO)」を立てた点だ。 大学を出て大手企業に就職し、一生を終えるというモデルが形骸化しつつある時代の中でも、まだまだリクナビの影響力は大きいのです。 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)の小林大三社長は26日夜、就職活動中の学生の内定辞退率を予測したデータを本人の同意を得ず企業に販売した問題に関して都内で記者会見し、 「学生や企業など多くの方々にご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ない」と謝罪した。 「内定辞退率」を選考に利用しない条件で有償提供するという契約に無理があった リクルートキャリアは8月1日のリリースにおいて「学生の応募意思を尊重し、合否の判定には当該データを活用しないことを企業に参画同意書として確約いただいています」としています。 この信用度によって、様々な恩恵が受けられたり、あるいは制約を課せられたりすることになる。

次の

思ったより「深刻」なリクナビ問題 「スコア社会」への予兆か?(今野晴貴)

リクナビ 問題 と は

ピンク本と呼ばれる平成27年(2015年)改正前の「立案担当者解説」(図2)を見ると、当時から「日常的に行われていない他の事業者への特別な照会を要する場合」は容易な照合ではなく、「組織的、経常的に相互に情報交換が行われている場合など」は元から容易に照合できる場合に当たる、といっていたわけです。 同社は、企業から提供されたリストを、今年の就職希望者の閲覧履歴データに適用し、学生個人の辞退率を5段階で予測し、企業側に販売するという流れだった。 19年3月以降については、企業から志望者の氏名など「個人情報」そのもののデータを受け取り、それを分析して内定辞退率を予測した。 内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室などを歴任して個人情報関係の法改正に携わった経験のある、三浦法律事務所の日置巴美弁護士は「学生に適切な情報を提供していなかった点が炎上につながった」とみる。 同社は、予測対象となった学生約7万5千人のうちの約8千人については、利用規約の不備で「同意を得ていなかった」としたものの、他の約6万7千人については「データの利用に同意を得ていた」と主張している。 8月1日、就職情報サイト「リクナビ」を運営する株式会社リクルートキャリア(以下、リクルートキャリア)は、同社が提供していた「リクナビDMPフォロー」サービスにおいて、いわゆる「内定辞退率」データをクライアントである採用企業に提供していたことを公表。

次の

リクナビによる「内定辞退率」データ提供の問題点はどこにあったか 法的観点から弁護士が解説

リクナビ 問題 と は

例えば、高スコアの人は、低金利で融資を受けられたり、車のレンタルや不動産の賃貸の際の保証金が不要になったりする。 なぜなら、この問題の本質は、ビジネスにおけるマーケティングの問題だからです。 「本人の同意」に加え、データ利活用時代における、個人情報を提供する側、利用する企業側双方が納得できる仕組みについてはどのように考えますか。 リクルートキャリア社が「リクナビDMPフォロー」サービスにおいて、いわゆる「内定辞退率」データを採用企業に提供していた件が連日のように報道されています。 この点については、他のメディアではあまり取り上げられていないため、以下に述べていきたい。 リクナビ問題は7つある。 回答があった22社のうち、「個人情報保護法や職業安定法に照らして適正かどうか事前に検討したか」という質問に対して、「リクルートキャリアから適正だと伝えられた」と答えた企業が10社。

次の

リクナビ内定辞退率問題で厚労省激怒、「データ購入企業」にも鉄拳

リクナビ 問題 と は

「就職に不利な個人情報」を企業が共有することの危険性 今回問題になったサービスについて、表向きには「辞退する可能性が高い就活生を引き止めるため」とされているが、実際には合否の判断に使用された可能性が否定できない。 学生がスコア算出の対象者に自分が含まれるかどうかを調べる特設サイトも、リクナビ2019会員は対象外である。 個人データを第三者に提供するにあたってあらかじめ本人の同意を得たといえるためには、事業の性質及び個人情報の取扱状況に応じ、本人が同意に係る判断を行うために必要と考えられる合理的かつ適切な方法によらなければならないものとされています(個人情報保護委員会「 」2-12「本人の同意」、平成28年11月(平成31年1月一部改正))。 ただ、19年3月以降に内定辞退率を算出された残りの5万4千人分については、同意をとっていたため法律違反には問われていない。 その後、厚生労働省も職業安定法に基づく行政指導をした。 高木 そう思います。

次の