ポルト 対 サンタ クララ。 「コンセイソンを笑顔にした」中島翔哉の“ブチキレ騒動”は終息へ。ポルトガル紙が和解を報じる

ECナビ

ポルト 対 サンタ クララ

逆に左サイドはプレーエリアが限定され、中央に入っていこうとするとオターヴィオと動きが被ってしまうこともしばしば。 この2チームはFootyStatsの記録上、過去数シーズンで 3回対戦しました。 しかし日本代表MFは怯まず、54分には、今度は左サイドから、触ればゴールという絶妙なクロスを送り込むなど、精力的に前線に絡む。 逆に左サイドはプレーエリアが限定され、中央に入っていこうとするとオターヴィオと動きが被ってしまうこともしばしば。 ルール・注意事項• ニュース記事の更新は随時行われます。 コンセイソン監督は記者会見の中で「それは1つの仮説となる」と明言は避けたが、実質的に控え不在の左サイドバックで新たなオプションを試しておきたいだろう。

次の

ECナビ

ポルト 対 サンタ クララ

MFルイス・ディアスからのパスを受けたFWゼ・ルイスがペナルティエリア手前で前を向き、相手ディフェンスを釘付けにしながら右に走ったMFヘスス・コロナへ展開する。 しかも中島にとっては自分の力を発揮しやすい場所と役割が与えられた。 中島が反転した瞬間、相手の4バック全員の視線がポルトの背番号10に集中し、その外側から走り込んだコロナはフリーになっていた。 しかも中島にとっては自分の力を発揮しやすい場所と役割が与えられた。 そんな中、キャプテンを務めるMFダニーロ・ペレイラが急速に信頼を失い、トンデラ戦はベンチ外、サンタ・クララ戦はベンチスタートとなる。 これほどまでに評価が一変したのは、正直に言って驚きだった。

次の

スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガル vs CDサンタ・クララ 今シーズンの対戦成績

ポルト 対 サンタ クララ

過去13対戦のうち、 CDサンタ・クララが4試合で勝利したのに対し、 CDアヴェスは4試合で勝利し、その他の5試合は引き分けに終わりました。 2020年7月11日、 スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルと CDサンタ・クララが プリメイラ・リーガで対決します。 そこで選手のプレーエリアを再び整理し、システムや役割を変えることで中島にチャンスが巡ってきた。 もはや止める術なし。 ポルトのMF中島翔哉はリーグカップのサンタ・クララ戦で初アシスト【写真:Getty Images】 中島翔哉は今後への大きなきっかけをつかんだかもしれない。

次の

ベンフィカがホームで逆転負け…中島翔哉不在、4ゴール快勝のポルトが首位に浮上

ポルト 対 サンタ クララ

。 ポルトは現地時間25日、タッサ・ダ・リーガ(リーグカップ)の3次ラウンド・グループリーグ第1節でサンタ・クララに1-0の完封勝利を収めた。 だいたい後半の途中から、ゴールが欲しい場面や攻撃を活性化したい局面で起用される。 序盤の7分、相手の中盤とディフェンスラインの間にポジションを取ってオターヴィオからの縦パスを引き出した中島は、反転して4人に囲まれながらペナルティエリア内まで侵入した。 両ウィングはアウトサイドに張り出し、相手サイドバックの注意を引いていたことも見逃せない。 後半に入り、ベンフィカは乱打戦に持ち込み、3点を叩き込んで65分時点で3-2と逆転に成功する。

次の

中島翔哉、トップ下で無双の要因。ポルト移籍後初ゴール、ようやく見つかった輝ける場所

ポルト 対 サンタ クララ

守備面での規律はそのままに、中盤と前線をつなぐだけでなく、時にはサイドのサポートにも回る。 惜しくもシュートはブロックされたが、この一瞬が後々のプレーへの伏線となっていく。 (文:舩木渉) ようやく決まったポルトでの初ゴール 中島翔哉が本来の輝きを取り戻している。 パフォーマンスのレベルが格段に向上した背景として、やはりポジションを中央に移したことは見逃せない。 ここで中島は相手ディフェンスラインの手前、かつ4-1-4-1のアンカーの脇、インサイドハーフの背後という絶妙なポジションにフリーの状態でポジションを取ってパスを要求した。 選手の組み合わせ変更と、プレーエリアの整理によって輝きを増す中島は、ポルトがシーズン後半戦も勝利を積み重ねてタイトル獲得を目指す上で重要な存在になっていくだろう。 今度は17分の場面と逆サイドで、相手ディフェンスラインと中盤の間にできたスペースを取り、中央に引いて縦パスを受けたルイス・ディアスからボールを受ける。

次の

ベンフィカがホームで逆転負け…中島翔哉不在、4ゴール快勝のポルトが首位に浮上

ポルト 対 サンタ クララ

残念ながらゴール左に外れたものの、決定機を次々に演出する。 それでも中島は輝く 今季3度目のサンタ・クララ戦で、中島は意識的に相手の4-1-4-1の布陣で穴になりうるセンターバック、アンカー、インサイドハーフのちょうど中間のポジションを取っていたように見受けられた。 中島にとっては新たなライバル登場ということにもなるが、サンタ・クララ戦で同い年の背番号18が左サイドバックに入ることになれば、再びチャンスを得ることにつながるかもしれない。 プレーの判断が変わると、チーム全体に与える影響力にも変化が出てくる。 守備面での規律はそのままに、中盤と前線をつなぐだけでなく、時にはサイドのサポートにも回る。 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。 パフォーマンスのレベルが格段に向上した背景として、やはりポジションを中央に移したことは見逃せない。

次の