1914 映画。 1941 (映画)

ノックアウト (1914年の映画)

1914 映画

またイギリス艦隊の損害はドイツ艦隊のそれを上回ったが、戦略的には何も変わらず、イギリスはのを保った。 10月20日から11月18日まで、で激しい戦闘が起こり( ())、大急ぎで投入されたドイツの予備部隊は ()とイーペルで大損害を受けた。 ドイツ軍は前線を短縮させて、オランダ国境を利用して後衛への攻撃を防ぎつつドイツに撤退した。 11日、とドイツの ()によりが政策を引き締めたため、でが社会民主党から分裂した。 その結果、国会では12月21日に社会民主党の代表20名が戦争借款の更新を拒否。 この休戦に参加したイギリスとドイツ兵士は合計で10万人以上とされる。

次の

第一次世界大戦

1914 映画

ドイツは中立国の抗議をはねつけてイギリスと周辺の海域を交戦地帯と定めたが、イギリスを海上封鎖するには()が足りなかった。 - ドイツ海軍が• しかし、内政では9月2日に併合主義、民族主義の ()が結成されるなどの影響があった。 ドイツが守備に成功することはもはや不可能であった。 (中略)連合国の返答により、皇帝は人民に訴えた。 なお、チャップリンは映画デビュー作『』からスターリングが監督を務めた『』を除く4作品でレアマンのメガホンのもとで演技をしたが、『成功争ひ』の時点で自分のギャグがレアマンに台無しにされたと思っていたチャップリン とレアマンとの相性は、少なくともマック・セネットの目からして「実りの少ない」ものに映ったようであり、レアマンとのコンビはこの『夕立』で終わることとなった。 もも敵を全滅させるという立場を崩さず、勝利の平和を可能であると判断した。

次の

夕立 (1914年の映画)

1914 映画

ウェインから撮影への反対があったにも拘わらず、1941ではウェインの主演した『』のオマージュとして、ウェインとが殴り合いの喧嘩をするシーンで使用されたものと同じアイルランドフォーク『The Rakes of Mallow』が暴動のシーンで使用された。 この戦闘では戦車400台以上とイギリス軍、イギリス軍、フランス軍合計12万人以上が参加、その1日目の終わりにはドイツ軍の戦線に長さ24kmの間隙が開かれた。 のは崩れ去り、戦争に参加した世代は「」と呼ばれた。 だがドイツ軍の行軍を完全に無視することはさすがにできなかったため、 ()率いる ()を北西部に派遣した。 イタリア軍はアルバニアの港湾都市を維持することに成功したため、アルバニア南部での勢力を維持、拡張することができた。 後の1871年にが成し遂げられ、ドイツ帝国が成立すると、ドイツの政治と経済力が大きく成長した。

次の

1914年

1914 映画

4つの帝国が滅亡解体された結果、9つの国が建国された。 イタリアは人数で大きく優勢で、広大な領土を占領したにもかかわらず、第一次イゾンツォの戦いもも(7月17日 - 8月3日)大きな突破にはならなかった。 しかし、いずれも拒絶され、9月24日にはドイツ軍部がベルリン政府に停戦交渉が不可避であると通告した。 東部戦線の講和が成立したことで、西部戦線のドイツ軍は147個師団から191個師団に増強、一方連合国軍は178個師団しかなかった。 1914年の戦闘 [ ] 中央同盟国の緒戦での混乱 [ ] セルビアから脱出した難民、1914年のにて。

次の

ノックアウト (1914年の映画)

1914 映画

。 これはドイツの議会化の第一歩とされ、保守派からは「革命の始まり」とされた。 反乱は前線では起きず、後方で休息をとっていて前線に戻る予定の兵士の間でおきた。 23日には兵士7万8千で ()への攻撃を開始したが、戦況は膠着した。 その2年後にはロシアが三国同盟への対抗としてフランスとが締結した。

次の

夕立 (1914年の映画)

1914 映画

()の初日である4月22日にが使われたことは「戦争の歴史の新しい章」「現代の大量殺戮兵器の誕生」とされている。 いずれにしても、ソンムの戦いは第一次世界大戦で損害の最も大きい戦闘であった。 6日にはがロシアからの独立を。 その経済動員の強化とは8月31日にプロイセン戦争省が提出した要求で後に ()と呼ばれたものであった。 ()が戦術を編み出した後、ドイツ軍の防御の配置がより深く複雑になった。

次の

夕立 (1914年の映画)

1914 映画

そこで考えられるのが、西ガリツィアから方面へ突破して、ロシア軍にカルパティア山脈からの撤退を迫る(撤退しなければドイツとオーストリア=ハンガリーの挟み撃ちを受ける)ことだった。 Bozeman の船体番号を本作にちなんだ「NCC-1941」とした。 しかし、攻撃の計画がの水兵の耳に入ってしまった。 イギリスとイギリス自治領軍は8月21日の ()で戦役の次の段階に進んだ。 連合国軍はの中立を侵犯して、のをオスマン帝国攻撃の拠点として占領していた。 ドイツ軍はこれほどの効果を予想せず、進軍に必要な予備軍を送り込めなかった。 ドイツの目的はロシアを弱らせることによって、連合国の同盟の解体を準備しようとした。

次の