クレヨン フランス語。 【まとめ】意外と知られてない日本で使われてるフランス語一覧!

ハサミやペンはフランス語で何という?文房具のフランス語21選

クレヨン フランス語

という意味なんですが、語源はフランス語のnaifの女性名詞naive(ナイーヴ)で、 「生まれたままの」という意味の言葉から発生した単語なんですねー。 ただキャバクラのままだとフランスでも世界中どこでも通じません。 parasol 前項に同じ。 ファッションショーのニュースでは、プレタポルテコレクションという言葉も聞いたことがあると思います。 英語では表記と発音がそのままでした。

次の

【まとめ】意外と知られてない日本で使われてるフランス語一覧!

クレヨン フランス語

日本語「ピーマン!」 / フランス語「Poivronでしょ!」 日本語のピーマンは、フランス語で唐辛子を指す「Piment(ピモン)」に由来しています。 tarte はドイツ語• クレヨン 「クレヨン」は パラフィンや蝋(ろう)、脂肪酸などと顔料を混ぜて練り固め、棒状にしたもののこと。 しかし、アンコールはフランス発祥らしく、その派生で英語にも使用されるようになったみたいですね。 一方でオイルパステルはクレヨンより軟らかく、広い範囲を塗りつぶす画描に適しています。 参考:Wikipediaオムライスより オムライスは日本発の食べ物で、更にお客様用として開発されたわけではないそうです。 形から名付けられたパンです。

次の

クレヨンは鉛筆? 日本語になったフランス語 [フランス語] All About

クレヨン フランス語

また、クレヨンの長所は残しつつ、広い範囲を塗ったり混色したりすることも可能。 一般名称は「クレパス」ではなく、「オイルパステル」となります。 キュロット culotte これは日本語とフランス語で意味が異なるので気をつけなければいけない単語のひとつです。 当時のクレヨンの主成分はパラフィンなどのロウ分80%に顔料を混ぜて棒状に成型したもので、硬質クレヨンに分類されます。 「クレパス」と「クーピー」はいいところどりした商品ですが、「クレヨン」が最も硬く、小さな子ども用には向いているでしょう。

次の

かわいいフランス語教えます~その41 文房具 その1

クレヨン フランス語

英語だとサーベイ( Survey)ですからアンケートはフランス語です。 esprit• 簡単な食事にお酒も楽しめる場所。 ・プリン・ア・ラ・モード/パフェ・ア・ラ・モード どちらもありそうですが、フランス語にはない言葉です。 読みは「クレヨンドシア」ですが、このシアーというのは蝋のこと。 フランス語では鉛筆を指す言葉で、日本での「クレヨン」はクレヨン・パステルと呼ばれています。

次の

クレヨンは鉛筆? 日本語になったフランス語 [フランス語] All About

クレヨン フランス語

だったら英語でいいんじゃないかと思われるのですが。 さすがグルメの国だけあり、ネットでSurimiレシピを検索するとお洒落なレシピがゴロゴロ出てくる(Surimi recetteで検索!)。 ちなみに黒板は「Tableau noir(タブロー ノアー)」といい、Tableauは板をさします。 アトリエは英語もスペルが同じ「Atelier」ですが、発音が違う。 ビュフェ。

次の

かわいいフランス語教えます~その42 文房具 その2

クレヨン フランス語

chanson• クレヨンは削る手間もなく、着色も発色も色鉛筆に比べて格段に良く、自由画運動の描画材料として最適でした。 こそげるという意味。 トウガラシの栽培品種に分類される。 セットメニューだが、前菜やメインの料理に選択肢があることが多い。 en-tout-cas• 英語でもグルメ( Gourmet)は同じスペルですが発音が違います。 クレヨンとオイルパステルは、その描画方法の違いにより上記成分の比率が異なります。

次の

かわいいフランス語教えます~その42 文房具 その2

クレヨン フランス語

英語にもMaskはありますが、フランス語の「 Masque」が本家らしいです。 固形ワックスが多く含まれることで、クレヨンは硬く、線描が中心になります。 ココ・シャネルやイヴ・サンローランなど偉大なデザイナーも多数輩出していて、ファッションとフランスはとても密接な関係にあります。 フランスでは鉛筆の意味です。 sur は「上に」を示す前置詞。

次の